★不祝儀袋もインターネットで!★
本気で稼ぎたい方、必見!→ ネットビジネス成功の奥義を公開中

不祝儀袋に包むお金について

金額のマナー 【不祝儀袋 マナーガイド】

不祝儀袋に入れる”香典の金額”について、目安としての相場はありますが、絶対にこの金額でなくてはならないといったルールはありません。しかし、結婚式などと同じようにできるだけ避けた方がいい金額(数字)はあります。

■避ける数字
「4」や「9」の入った金額はできるだけ避けましょう。これは「死ぬ」、「苦しむ」といった言葉を連想させる数字だからです。

■偶数は避ける ※但し2万円は例外
偶数についても避けられる傾向があるようです。奇数が縁起の良い数字であるため、というのが理由のようですが、例外として2万円は認められているようです。


香典の金額はあくまで気持ちを示すものであり、どの金額が悪いというものではありません。
しかし、上記の金額(数字)のタブーについては、香典のマナーとしては知っておくべきでしょう。

喪家が縁起をすごく気にする方であるかもしれません。どうでもいいようなことと考えがちですが、こうした常識を心得ておくことも、(円滑な人間関係における)大切な配慮となります。

香典に新札は避けるべき?

金額の相場 【不祝儀袋 マナーガイド】

(不祝儀袋に入れる)香典の金額は、気持ちです。
基本的には”故人との付き合いの深さ”によって判断されるのが良いでしょう。

とはいえ、いくらお包みしていいのか全く分からない、という場合もあろうかと思います。

そこで、以下に香典金額の目安を記しておきます。
あくまでも「平均的な基準」ですので、そこにあなたの気持ちを加減して、最終的には
ご自身で判断し金額をお決めください。


故 人 金額の目安(平均的な金額)
両親 100,000円          
祖父母 10,000円          
兄弟・姉妹 30,000円          
叔父・叔母 10,000円          
その他親戚関係 10,000円          
友人・知人 5,000円          
ご近所 5,000円          
友人の家族 5,000円          
勤務先(上司) 5,000円          
勤務先(同僚) 5,000円          
勤務先(部下) 5,000円          
勤務先(社員家族) 5,000円          
取引先 10,000円          

注意! 故人と付き合いが深かった場合でも、あまり多くは包みすぎないように。
喪家が恐縮してしまうような金額はNGです。あくまでも、常識的な範囲の金額をお包みするようにしてください。

新札は避けるべき? 【不祝儀袋 マナーガイド】

「香典に新札は使ってはいけない」という考え方は、以前から根強くあるようです。その理由は、香典が新札だと、臨終のために「あらかじめ用意していた」と誤解されてしまう(=マナーに反する)というものです。

しかし一方では、 「霊前に供えるのに使い古したお札は失礼にあたる。新札を用意するべき。」といった考え方もあるようです。近年では銀行等に行けば新札はすぐに入手できるため、前者の(新札タブーの)考え方は時代に合わなくなってきているのかもしれません。

ただ、まだまだ新札タブー論が常識になってるようですから、不祝儀袋には「古いお札を入れておく」のが(今のところは)無難だといえるでしょう。

新札しか用意できない場合は、「新札に折り目を入れて」包んでも大丈夫です。この方法が、新・旧時代の折衷策になっていいかもしれませんね(^^)。