★不祝儀袋もインターネットで!★
本気で稼ぎたい方、必見!→ ネットビジネス成功の奥義を公開中

不祝儀袋の渡し方について

■不祝儀袋の持ち運び
不祝儀袋(香典袋)は剥き出しで持たず、袱紗(ふくさ)に包んで持参するのがマナーです。
袱紗はご不幸ごとの場合、黒・緑・藍・青・灰色など、地味な色を選びましょう。

袱紗の包み方 ※弔事は左包み


■渡すタイミング
香典は通夜か葬儀のどちらかに持参して渡します。両方参加する場合は、通夜で渡します。
通常、受付などで会葬者名簿を記入する際に一緒に渡します。
渡すタイミングは、名簿に記入する前・後どちらでも構いません。
受付で名簿の記入を進められた場合は記入した後で、先にこちらから挨拶ができれば香典を先に渡してもよいでしょう。



■不祝儀袋の渡し方
不祝儀袋を渡す向き


渡すときには、袱紗から不祝儀袋を取り出し、相手が自分の名前を読めるような向きに持ち直して両手で渡します。

その際、お悔やみの言葉を添えながら渡すのがマナーです。

【お悔やみの言葉 例】
この度はご愁傷様でございます
この度は突然なことでお悔やみ申し上げます
御霊前にお供えください

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://simprich.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/443